〒170-0003
東京都豊島区駒込1-43-13 朝美ビル2F

 

TEL:0120-70-8241

豊島区駒込の矯正歯科治療 なかむら矯正歯科

非抜歯矯正

  • 医院ブログ
  • 育成・更生医療指定医療機関
MOBILE SITE モバイルサイトはこちらのQRコードよりご覧ください。
火・木曜の救急処置
火、木曜の当院通院中の患者様の救急処置は下記関連施設にて受付時間内に対応可能なものもあります。
(前もって電話連絡が必要です)
TEL:03-3853-1730
10:00~12:00
14:30~17:00
中村歯科医院
HOME»  非抜歯矯正

非抜歯矯正とは

矯正をする、と言ったときに抜歯をして矯正をするイメージを持っている人はたくさんいるのではないでしょうか。しかし、なぜ抜歯をするのか十分理解していない人が多いように思います。【歯がきれいに並ばない理由は何か】【なぜ抜歯をするのか】を理解すると、非抜歯矯正がどんなものかわかりやすいと思います。

歯がきれいに並ばない理由

歯は親知らずも含めて32本あります。これらすべてきれいに生えている日本人は少ないです。なぜきちんと並んでいないのでしょうか。その原因はいくつかあります。

先天的要因、遺伝

  • 歯がすべて並ぶだけのスペースが顎にない。
  • 歯が小さい。
  • 顎が変形している。

日頃の習慣

  • 口呼吸…口の中が乾燥しやすく、細菌が増え、むし歯や歯周病になりやすい。
  • 頬杖…片側の下あごを抑えてしまうことにより歯が斜めに生えてきてしまう。
  • やわらかいものばかり食べる。
  • 指しゃぶり…歯が生え始めたころに指しゃぶりをすると出っ歯になりやすい。
  • 姿勢が悪い。

虫歯・歯周病

乳歯に虫歯ができると、歯並びに影響してきます。乳歯はどうせ抜けるからと言って、そのままにしておくのはいけません。まだ永久歯が生えてくる準備が整っていない時に、むし歯によって乳歯が抜けてしまうと、その両隣の歯が、ぐらぐら動いてしまします。そうなると永久歯が生えてくるときに邪魔になってしまい、前に生えてきてしまったり、奥や斜めなどに飛び出す原因になります。
また、永久歯が虫歯や歯周病によって抜けてしまい、そのままの状態にしておくと、抜けた空間に隣の歯が移動してしまい、倒れてきてしまいます。歯周病は、歯の根が埋まっている歯槽骨という部分が破壊されて、ひどい場合は歯が抜け落ちてしまう原因にもなります。

なぜ抜歯をするのか

アジア人は、欧米人と比べて顎の大きさが小さく、親知らずを含めた32本の歯がきれいに並ぶスペースがない人が多いです。
例えば、3人掛けの椅子に、4人で座ろうとします。ぎゅうぎゅうで足を曲げたり体勢を斜めにしたりしないと全員が座れません。
きれいに並ぶ方法として、1人抜ける方法があります。4人から3人になると十分なスペースが保たれ、体勢を曲げずにきれいに並んで座ることができます。
もう一つは、3人掛けの椅子ではなく、4人掛けの椅子にしていく方法です。一人抜ければすぐできるスペースですが、4人が座れるように時間をかけて作っていきます。
つまり、いかに歯が並べるスペースを作っていくのかが重要です。抜歯はそのスペースを手軽に確保することができるため、主流になっているのです。

非抜歯矯正の注意点

  • どんな人でも100%非抜歯矯正ができるということはありません。
  • 抜歯をしないで、歯を並べるスペースを作るため、時間がかかる可能性があります。